top of page

女性採寸で気をつけるポイント



皆さんこんにちは、南青山のオーダースーツ店 Drapper Hopeブログをいつもご覧いただき、ありがとうございます。





Drapper Hopeの公式Instagramでは知っていると便利な豆知識動画を発信しております。是非フォローもお願いします!




Drapper Hopeでは、女性のお客様のスーツもお仕立て可能です。




大変多くの女性のお客様が来店し、仕立てていただいております。




今日は、女性の採寸の気をつけているポイントを話していこうと思います。

※リール動画も上がっていますので、チェックしてみて下さい!

                     




オーダースーツは働く男性だけでなく、女性も自分の体にあったスーツで気分を上げたいと思っている方はとても多く感じています。




女性は、男性と違ってルールがありません。




なので、ファッション感覚でスーツを着用できる、既製品だと体に合わない、既製品だと色柄が好みじゃない、デザインにこだわりたい、シルエットをこだわりたい。




など、理由はさまざまです。




私も今まで、多くの女性のスーツを仕立ててきましたが、男性よりもバスト、ウエスト、ヒップの差寸(数値の差)がある為、大変難しいです。




男性よりも体に凹凸がある為、採寸する際はもちろん、デザイン(スーツの形や仕様)を重視するのか、シルエット(スーツのサイズ感)を重視するのかをヒアリングは時間をかけてじっくりと話し合っています。




以前、来店した女性の方で、仕立てる前までは既成のスーツを着用している方がいました。




その方は、パンツの穿き心地を改善し、足が長くスラっと見えるようにしたいと悩んでいました。




普段、穿いているスーツを見てみると、パンツの股上が極端に浅い為、腰で穿けずに骨盤に引っかかってしまってました。




骨盤に当たってしまうと、歩きずらさ、座りずらさ、窮屈感がでます。

穿く位置も上に上がらない為、脚が短く見えてしまいます。



女性は男性と違って、ヒップの採寸が上と下あります。



女性の場合はヒップの上側と下側で大きさが違います。



約2~3cmの違いが出てきます。



この、差寸は女性の方特有の骨格や筋肉のつき方にあります。



骨盤の大きさや、その周りにつく筋肉が男性よりも、発達しています。

男性と女性は骨格、筋肉の付き方が全く違う為、採寸の際に注意する場所が違います。



私が女性のスーツを仕立てる際は、ある程度股上を深くして作っていきます。

股上や、ヒップ周りのサイズを少し変えるだけで、歩きやすさ、座りやすさ、窮屈感がなくなります。




お尻周りがきついと、パンツのポケットも浮く原因になります。



これは、トレーニングしている方や、タイトめなシルエットを好む方にも同じ事が言えます。

※そちらもリール動画であげていますので、チェックしてみて下さい!

                      




ジャケットでは、胸の部分が当たり、スーツの襟部分の浮きが目立ちます。





アゴグセなど、お客様に合わせて入れる事で、浮きなどがなくなり綺麗に仕上がります。




アゴグセとは、スーツのラペルの裏側、また襟ぐりからバストポイントまで入れるダーツの事です。




平面の生地をつまんで縫い合わせて立体的に見せる技法です。





女性のように、胸がある方やトレーニングをしている男性によく入れる補正になります。


男性と感性の違う女性は、自分の着るスーツやファッションへのこだわりをしっかり持っている方が多い気がします。




男性よりも、体型や自分を見せる事への表現は女性の方が上手いと思っています。

それは、常にメイクやヘアセットなど、気を使うシーンが男性よりも身近にあるからです。






今回、リール動画や冒頭でも説明があったように、デザイン(スーツの形や仕様)を重視するのか、シルエット(スーツのサイズ感)を重視するのか、これが女性を対応する上で一番重要になります。









しっかりと時間をかけて、どんな形にするのか、どんなシルエットにするのか、スーツの決まりがない女性だからこそ出来ることはいっぱいあります。








女性の方で





「自身の見え方や、どう見せたいのかを悩んでいる」





「こんな形のスーツ着てみたい、作れますか?」




「綺麗なシルエットのスーツが作りたい」




「自分、足が短いんです」





と思っている方はDMでもお電話でも構いませんのでご連絡お待ちしております。




納得のいく1着を一緒に仕立てて行きましょう!





以前、ユーチューブでも広瀬未花さんのジャケットもお仕立てさせていただいております。




接客の雰囲気や、形の決め方、ボタン、裏地のバリエーションなども確認できるので是非、見てみて下さい!








                        

Drapper Hopeの公式Instagramではたくさんのリール動画コーディネートの写真を投稿しています。





まずはどんなスーツにしようか探してみるところから始めてみるのも良いかもしれません。





「こんな事を知りたい」「こんな動画をやってほしい」「この疑問を解決したい」などありましたらお気軽にご連絡ください。














三鹿、日々奮闘しています。

bottom of page