top of page

スーツに入っているステッチって何のため?



皆さんこんにちは、南青山のオーダースーツ店 Drapper Hopeブログをいつもご覧いただき、ありがとうございます。






Drapper Hopeの公式Instagramでは知っていると便利な豆知識動画を発信しております。是非フォローもお願いします!




今回は、本格的なスーツには必ず入っているステッチについて話していこうと思います。

皆さんは、スーツにステッチが入っている事は知っていますか?

リール動画のように皆さんのスーツには、ステッチは入ってますか。

ステッチは何の為に入っているのかご存知ですか...?





AMFステッチとは...





AMFミシンによって、手縫い風に縫ってくれるステッチの事です。

このミシンを開発したのが、American Machine Foundry(アメリカン マシーン ファンドリー)社。その頭文字を取ってAMFと呼んでいます。




元々は、このミシンがなかったので、全て人の手によってステッチを入れていました。





今でも、ビスポークのお店では手でステッチを縫っていますが、セミオーダーやパターンオーダーの仕立てでは、AMFステッチが主流です。





ミシンで縫うミシンステッチもありますが、AMFと違ってスーツの印象が硬く見えます。





ステッチだけでも、スーツの印象は変わってくるので、オーダーをする際は「AMFステッチ」でお願いをすると良いと思います。





何の為にステッチが入っているのか...それは





スーツの型崩れを防ぐ為です!





ステッチを入れる事で、襟元などの型崩れ=縒れ(よれ)を無くす為にステッチが入っています。





必ずと言っていいほど、仕立ての良いスーツにはステッチが入っています。





ステッチが入っていない物が悪いという訳ではありませんが、ステッチを入れていないスーツは表情が寂しく、奥行きが無いスーツに見えます。





ステッチが入る事で、スーツに表情が生まれます。目鼻立ちが整ったスーツになります。





ステッチには幾つかの種類があります。





・コバステッチ


一般的なスーツに入っているステッチは、コバステッチ(布端)と言って、スーツの端から0.1mm~0.2mmの所にステッチを入れていきます。

0.1mmのステッチを入れる事のできる職人さんは少なく、難しい技術です。

ほとんどのブランドでは0.2mmのコバステッチが多いと思います。






・0.5mm~0.7mmステッチ


0.5mmステッチは、スーツにはあまり見る事のない入れ方です。

ブレザーやジャケットなどに入れるステッチです。幅が広がればカジュアルでスポーティーな印象になります。






・1cmステッチ


かなり幅の広いステッチの入れ方になります。

0.5mm~0.7mmステッチよりもステッチの印象がはっきり入るので、よりスポーティーでカジュアルな印象になります。フォーマル場面ではおすすめしません。





・ダブルステッチコバ0.1mm+0.5mmステッチ


既製品のスーツではほとんど見る事のないダブルステッチ仕上げ、フロントのコバ(端)と0.5mmの2本のステッチが入っています。


デニムの仕様でもよく見かけるダブルステッチは補強のために入れていましたが、イタリアのナポリの職人さんが様式美として入れた事が始まりとされています。

2本のステッチが入るのでとてもカジュアルな印象になります。

Drapper Hopeのイタリア寄りの柔らかいスーツにはとても相性が良い仕立てになります。


間違っても、フォーマルな場面で着用するスーツには入れないようにお願いします...





仕立てるスーツやジャケットのイメージに合わせてステッチの幅を変える事で、自分好みの1着ができると思います。





私も、私物のスーツやジャケットには、その形やイメージに合わせてステッチの入れ方を変えています。




オーダーを考えている方は、細かい部分ですが一つ一つこだわってみるといいと思います。





皆様のご来店、心よりお待ちしております!





Drapper Hopeの公式Instagramではたくさんのリール動画コーディネートの写真を投稿しています。



まずはどんなスーツにしようか探してみるところから始めてみるのも良いかもしれません。



「こんな事を知りたい」「こんな動画をやってほしい」「この疑問を解決したい」などありましたらお気軽にご連絡ください。




ホームページではスーツの料金取り扱いブランドの詳細などもご確認頂けます。




三鹿、日々奮闘しています。


bottom of page